横浜で医療脱毛!vioのみの脱毛をするメリットは

近年、脱毛部位で男女問わず人気が高まっているのがvioです。脱毛はムダ毛を薄くして見た目をよくするためにすることが多いですが、vioは見た目をよくするというよりも快適に過ごすために大きなメリットがあります。

横浜エリアには多くの医療脱毛クリニックがあるので、vioのみを脱毛したい人にもおすすめです。

今回は、横浜でvioのみの脱毛をするメリットや注意点について紹介します。

合わせて読む:横浜で脱毛をするなら個人的に医療脱毛がおすすめ!魅力やクリニックの選び方を紹介

そもそもvioとは

vioとは、デリケートゾーンのvライン、iライン、oラインの3部位をまとめた総称です。vはビキニライン、iは陰部の両側、oラインは肛門周辺を指しています。vioはバーツごとに脱毛をすることもできますが、体毛の境目ができて不自然な仕上がりになってしまうこともあるので、セットで脱毛をするのがおすすめです。

vio脱毛のメリットは

脱毛をする箇所や優先順位は人それぞれです。vio脱毛に興味がないという人は、メリットを知れば脱毛をしたいという気持ちもわいてくるはずです。ここからは、横浜でvioのみを脱毛するメリットを紹介します。

自己処理の手間が減る

vioは、自己処理をするのにとても手間がかかる部位です。生えている毛が太くて量が多いだけでなく、手が届きにくい部位は慎重にお手入れをしなければなりません。また、vioはデリケートゾーンと呼ばれるだけあって、とてもデリケートな部位で、不適切なお手入れを繰り返すと、肌トラブルを発生させてしまうことも考えられます。

横浜で医療脱毛をすれば、ムダ毛をなくしたり、毛量を減らしたりすることができます。それにより、自己処理の手間を減らすことができるでしょう。

ニオイや蒸れの対策になって清潔感アップ

アンダーヘアがボーボーだと、汚物が付着しやすくなりますし、蒸れが発生しやすくなってニオイやすくなることがあります。vio脱毛をして毛量を減らすことで、ニオイや蒸れも軽減され、清潔感をアップさせることができます。

横浜でvioを脱毛すれば、より快適な状態を保つことができ、下着や水着もキレイに着こなしやすくなるでしょう。

キレイな形でキープできる

ムダ毛はどんどん生えてくるので、長さをハサミなどを使って整えても、それは一時的なものになってしまいます。vio脱毛では、減耗やツルツルなど毛量を調整したり、ナチュラルやトライアングル、スクエアなどの形に整えたりすることができます。

vioを自分の好みの形でずっとキープできるのが、医療脱毛のメリットです。

介護される立場になった時に介護者の負担を軽減できる

将来介護を受ける立場になった時を想定し、事前にvioを脱毛をすることを介護脱毛と言います。vioの脱毛をすれば排泄後に汚物が毛に絡みにくくなり、家族への負担や介護ヘルパーの方の負担を減らすことができるでしょう。

vio脱毛は、自己処理を楽にしてくれるだけでなく、老後に備えてのエチケットになるという役割もあります。

医療脱毛でVIO脱毛する特徴は

医療レーザー脱毛は、医療用の特殊なレーザーを使って、毛の生える組織にダメージを与える施術です。ここからは、医療脱毛でVIO脱毛する特徴について紹介します。

医療脱毛は効果が高い

脱毛クリニックで扱う脱毛器は、レーザーの出力が非常に高く、高い脱毛効果を期待することができます。医療脱毛は5回の施術で十分な脱毛効果を得ることができ、8~10回ほどの施術を繰り返せば、ツルツルを目指すことができると言われています。

vioは毛周期に合わせて2~3か月のペースで通うのが一般的です。医療脱毛は少ない回数で効果が出やすいので、通うときの負担を軽減することができます。

医療脱毛でVIOのみ脱毛をする料金の相場は

脱毛効果が高く、少ない回数でも効果が出やすい医療脱毛は、5回のコースがスタンダードです。vioのみの医療脱毛5回の相場は、10万円ほどです。ツルツルを目指したいのであれば、8回程度の施術が必要であり、その場合の料金相場は14万円ほどとなります。

このように、どれくらいの毛量を目指すかによって費用がかなり変わってきます。どこまで脱毛したいかや、何回のプランがあるのかなどを確認して、横浜の医療脱毛クリニックを選ぶことが大切です。

横浜でvioのみを脱毛する注意点は

後悔なく脱毛をするためには、vio脱毛のデメリットやその対処法についても知る必要があります。ここからは、横浜でvioのみを脱毛するときの注意点を紹介します。

vio脱毛は痛みが強い

vioは皮膚が薄いだけでなく、しっかりとした濃い毛が生えてくるので、痛みを感じやすい部位です。肌が乾燥していると痛みを感じやすくなってしまうので、施術の前に肌の状態を整えることが大切です。ただ、医療脱毛クリニックでは、麻酔を使って施術を受けることもできます。

どうしても痛みに耐えられないという場合は、麻酔を使って施術をするのも一つの方法です。

vio脱毛は恥ずかしい

vio脱毛をする際は、施術の際にデリケートゾーンを見られてしまうので、恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。ただ、恥ずかしいのはもちろんスタッフの方もわかっていますし、しっかりと配慮しながら施術をしてもらえます。

施術部位以外はタオルで覆われているため、慣れてしまえばそれほど恥ずかしさを感じることはないでしょう。医療脱毛クリニックの中には、施術スタッフの性別を指定できるところもあるようです。恥ずかしさが気になるならば、そのようなクリニックを選ぶのも一つの方法です。

脱毛をするとその後生えてこない

医療脱毛は脱毛の効果が高く、施術回数を重ねると、毛がほとんど生えてこなくなります。脱毛をする人にとって、毛が生えてこなくなるのは嬉しいことかもしれません。しかし、ツルツルの状態にして、温泉などで恥ずかしさを感じた場合、「やっぱり生やしたい」「もう少し残しておけばよかった」と感じることもあるかもしれません。

医療脱毛クリニックでは、vioの毛量やデザインを選ぶことができます。どのようにするのがベストなのかしっかりと考えながら、横浜の医療脱毛クリニックの施術を受けることが大切です。

vio以外に脱毛したい部位がないか考える

部分脱毛で脱毛していると、他の部位も脱毛してみたいなと感じてしまうことがあります。後から部位を追加すると、費用もかさみますし、クリニックに通う回数も増えてしまいます。横浜の医療脱毛クリニックに通うときは、vioのみの脱毛で良いのか、他に脱毛したい部位がないか、考えることが大切です。

合わせて読む:横浜の関内で医療脱毛をするなら安心して通える美容クリニックにお世話になろう

vioだけを脱毛するのもあり

vio脱毛にはたくさんのメリットがあるので、vioのみを脱毛するのもありです。ただ、vio脱毛では施術時に恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。しかし、脱毛をした後は快適に過ごすことができ、一人でデリケートゾーンを自己処理をしている際のむなしさを感じることもありません。

vioのムダ毛が気になるならば、横浜にある医療脱毛クリニックで、vioのみの脱毛を検討してみましょう。